終身雇用は悪?

Business研究所では転職とビジネスに関する様々な情報を配信していきます。今回は、2019年は経団連の会長や、トヨタ社長の「終身雇用を継続できない」という旨の発言に関し考察しました。

  • 日本的雇用慣習に対し、今どのようなことが話題となっているのか?
  • 終身雇用はメリットがある

このようなことに関し、興味があればご一読ください。

発言概要

先述の通り、経団連の中西会長は「正直言って、終身雇用はもう守れないと思っているんです。」という発言や、トヨタ自動車の豊田社長の「終身雇用を維持することは難しい」の発言が波紋を呼んでいます。

経団連は会員となっている企業数1,370社(社員)、そのほとんどが一部上場企業です。一部上場きぎょう数が2,000社強、ということを加味すると半分以上が経団連に所属しているということになります。トヨタはグループ連結社員数が36万人以上といわれています。

その日本における代表的なグループのそれぞれトップ2名が「終身雇用を維持できない」という内容の発言をすると、その内容の影響力がわかります。つまり、一部上場企業に所属しているほとんどの企業とその傘下にいるグループ会社の雇用慣習が大きく変わりかねない発言、ということです。

なお、Youtubeなどでも著名な方々もこのトピックスに対し触れています。

引用 : まなぶチャンネル「 【悲報】終身雇用の「崩壊」が始まりました【トヨタ社長が宣言した】」

i引用 : サラタメチャンネル「 経団連会長が終身雇用終了宣言|サラリーマンが地獄を見ないための提言 」

「終身雇用」とは?

そもそも終身雇用とは一体何か、ご存知ではない方もいるかもしれないので簡単にご説明します。

終身雇用とは日本独自に見られる雇用慣習で、一言で言いますと「新卒で入社し、そのあとは一つの会社に辞めることなく定年まで働き続けること」を指します。終身雇用は世界的に見ても独自の慣行であり、「法律」と「労働組合」によって終身雇用は守られています。

〇法律:労働基準法・労働組合法・男女雇用機会均等法・育児介護休業法 等

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouseisaku/chushoukigyou/keiyakushuryo_rule.html

厚生労働省HP:「 労働契約の終了に関するルール」抜粋

〇労働組合:上記法律を元に経営者側と戦ってくれる組織体

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%B5%84%E5%90%88

Wikipedia : 「労働組合」

こういった法律と、労働組合が過去に戦った歴史の上に雇用が守られています。

終身雇用はメリットもある

このように記事を抜粋していくと終身雇用に関しては否定的な意見の方が肯定的意見より多い印象があります。実際に、構造的に若手社員のモチベーション低下やベテラン社員のコストパフォーマンスの悪さなどネガティブな影響もあるでしょう。

ただ、私は「終身雇用は必要」と考えます。なぜなら、終身雇用には下記のようなメリットがあるからです。

  1. 中長期的な仕事、例えば研究開発や技術系などに対して相性がいい
  2. 社風がマイルドになりやすい。
  3. 経営の面でも、成果物【アウトプット】を計算しやすい

しばしば1.に対し情報発信している人は見かけます。ですが本質的には2.や3.も市場に対していいものを生み出していこうとする中では重要と考えています。

外資系企業などは終身雇用を前提としていません。法律的に、というよりも文化的にそのようになっています。実際に、私が所属した外資系企業は労働組合がありませんでした。どうしても経営者側のガバナンスが弱いので、労働者の立場が弱くなりがちです。そうなると社内の雰囲気はマネージャー次第では厳しいものになります。それをエネルギーに変えられる社員はいいと思いますが、社内政治などに力が割かれてしまうのも事実あります。終身雇用は人によってはいい仕事をするために必要となることがあります。

私も転職当初、上司とどうしても合わず、次第に社内で「勤務態度が悪い」「扱いにくい」となり、次第には「仕事を任せられない」に評価が変わっていきました。仕事を任せてもらえないと自身も成長するチャンスやアピールするチャンスをもらえず、さらに評判が悪くなる・・という負のスパイラルに陥ります。

そういった経緯の中で、私は2社に一度、非常に厳しい立場に立たされることとなりました。(このあたりに関してはまた別の記事を書きます)

ただ一点、終身雇用は賛成ですが、もう一つの日本的雇用慣行とセットになった時、終身雇用は強烈に組織を腐敗させます。かくいう私もこれがあって日系企業を10年で退職する決意をしました。

長くなったのでこのあたりに関しましてはまた次回発信します。

投稿者: Koseki Kano

東京都中野区在住。35歳。 化粧品メーカーに新卒で入社(10年間)。 営業企画・販売企画・健康食品事業立ち上げを経て、米系マーケテイング会社に 転職。アカウントマネージャー兼アナリストして主に消費財メーカーに対しマーケティング提案、年間120社(2年半)。 現在GAFAの1つに転職し、webマーケティング施策を企画。 セールス、データ分析、マーケティングの掛け算のキャリア 自身の経験を基に電話/メールによるキャリア相談、履歴書添削を通じ中長的にサポート。 休日は25年間続けているバスケットボール、そしてバスケ強化のため(今はこちらの方が主になっている気も・・)筋トレが趣味。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。