外資系勤務は英語の勉強は必要ない

今回は、外資系企業に勤めていると多い質問の一つ、「外資系企業は英語が必須なのか」ということに関しお伝えさせていただきます。

  • 外資系企業は英語がマストなのか

今回はこの件に関し興味がある方はご一読ください。

外資系は英語に触れる機会が多い

先に問いにお答えさせていただきますと、日系の企業と比較して外資系企業は英語が読めたほうが良いことは確かにあります。例えばこのような時です。

  • 社内のツールが英語
  • 同僚が海外出身で、日本語が話せない
  • 本社からの連絡事項が英語

特に「社内ツールが英語」というのは地味に厄介です。日系企業だと初めて使う場合でもある程度ツールを理解することができます。丁寧な場合だと動画でチュートリアルが流れたりもします。しかし、外資系のツールは表現等が不親切なことも多く、またマニュアルだけを渡されることもありますがそれも英語なので最初は苦労します。

TOEICなどはできたほうがいい。けれど・・

このように書くと外資系企業の敷居が高いと思っていらっしゃる方はますます気後れしてしまうかもしれません。しかし、安心していただきたいのは、私は英語ができて外資系に入ったわけではありません。それどころかTOEICなど英語の試験も受けたことはありません。それでも外資系に入り、英語でコミュニケーションをとっています。

英語にアレルギーを持たなければ「外資系へ転職」という選択肢が広がる

逆の立場になって考えてください。東京では、コンビニや飲食のチェーン店に行くとおそらく海外、特にアジア圏の方がたどたどしい日本語を使ってスタッフとして働いています。彼らの日本語はつたなく、時には何をいっているのかわからないこともあります。しかし、あなたは自分や他の日本人と同じようなクオリティの日本語発音を期待するでしょうか。つたない言葉で話しても、理解できればそれでいし、文章がわからなければGoogle翻訳を使って訳せばいいだけです。それを恥ずかしいと気にする必要もありません。

日本には一部上場の企業が約2,000社あるといわれていますが、外資系企業は5,000社以上あるといわれています。外資系企業の場合の多くは本国では確固たる地位を築き、日本に進出してきている場合がほとんどです。つまり、「言葉の壁」にチャレンジすることを受け入れれば、一部上場企業クラスの選択肢が3倍に広がります。

ビジネスの英語は単なるコミュニケーションの手段

私もGAFA含めて外資系企業が2社目になりました。データ抽出をする際など、最初はすべて英語で書かれていることや、メールの大半が英語であることなどにはいまだになれない部分もあります。しかし、今はGoogle翻訳もあります。英語しか話せないメンバーも、わからないといえばゆっくり話してくれます。難しいことを考えず、単なるコミュニケーションの道具だと思って積極的に使っていただきたいです。そうしていくうちに覚えます。案外、うまく伝わるかを気にしている人はあなただけかもしれません。

投稿者: Koseki Kano

東京都中野区在住。35歳。 化粧品メーカーに新卒で入社(10年間)。 営業企画・販売企画・健康食品事業立ち上げを経て、米系マーケテイング会社に 転職。アカウントマネージャー兼アナリストして主に消費財メーカーに対しマーケティング提案、年間120社(2年半)。 現在GAFAの1つに転職し、webマーケティング施策を企画。 セールス、データ分析、マーケティングの掛け算のキャリア 自身の経験を基に電話/メールによるキャリア相談、履歴書添削を通じ中長的にサポート。 休日は25年間続けているバスケットボール、そしてバスケ強化のため(今はこちらの方が主になっている気も・・)筋トレが趣味。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。