支持されるイノベーションとは~中国の無人コンビニから考察~

転職とビジネスの情報配信をしているBusiness研究所ですが、今回はかつて話題になった「無人コンビニ」について情報配信をします。かつては「人手不足」に対する切り札と呼ばれていたイノベーションが、現在はどのようになっているのかをお伝えします。

  • 中国の無人コンビニバブルの現在
  • 無人コンビニから考察する「支持されるイノベーションの条件」

このテーマに関心がある方はご一読ください

無人コンビニとは

無人コンビニとは、2017年ごろから中国・アメリカで導入され話題となった新しい小売店の形です。形態はコンビニですが、人による会計(レジ)が省略されている点で革新的でした。

その無人コンビニという形態を成立させるために使われているのは、一言でいいますと「商品を即座に、自動的に識別し会計までしてくれる」技術です。独自調査に基づくと2パターンに大まかに分けられます。

  1. 商品にタグが仕込まれていて、会計時に瞬時にそれをセンサーが読み解く
  2. 画像認識技術や棚にセンサーを仕込んで商品を手に取ったかを識別

上記のパターンが主流のようです。

中国のBingo Box

先日、年末年始で下記のような記事を発見しました。

中国”無人コンビニ”あっけなくバブル崩壊の訳

引用 : President Onlineより

「あの無人コンビニはいま」中国のコンビニ事情から学ぶ、小売店舗が大切にすべきもの

引用 : DIG-inより

BingoBoxという中国の企業から無人コンビニ出店し、日本でも随分と話題となりました。バックヤードも不要の、4-5坪の超小型店舗には、店員もレジも不要のコンビニになっており、We chatアプリで入場し、ICタグが埋め込まれた商品を会計時にレジに持っていくと瞬時に会計を済ませてくれる、というものです。

その素早さや便利さが話題となり、何よりもこれから人手不足が深刻化する日本においてはコンビニの将来像であると期待しました。

そうして、無人コンビニは中国だけで投資総額620億円もの金額が集まりました。しかし、現在は無人コンビニバブルは崩壊し、廃業する店舗が後を絶たないそうです。

無人コンビニはなぜ衰退したか

当時大きく注目された無人コンビニですが、なぜ本元の中国でバブルが崩壊してしまったのでしょうか。私はシンプルに「カスタマーベネフィットが弱い」ことが根本ではないかと思います。

例えば商品にタグを埋め込む場合、タグ代は店舗側の負担です。賞味期限の早い弁当類などはただでさえ廃棄リスクが高いのにタグ分のコストを持たなくてはなりません。廃棄されれば当然店舗の利益が圧迫されます。すると価格はカスタマーに還元することができません。

また、画像認識技術・センサーにしても初期導入コストが高く、さらに誤作動があるためユーザーがかえって会計時にストレスを感じるという事も少なくないようです。

そもそもですが、カスタマーにとって「無人」であることはベネフィットになるのでしょうか。確かに会計時に長い列を作らなくてはならないのはストレスですが、それならばセルフレジで十分事足ります。※最近都内ではファミリーマートが一斉にセルフレジを導入しました。現状で人手不足の解決に対し、導入コストやカスタマーベネフィットから折り合いがつくのはセルフレジだと私も感じます。

カスタマーから支持されるイノベーションとは

無人コンビニは確かにイノベーティブで、画像識別やセンサー技術の英知が結集しているかもしれません。一方でカスタマーベネフィットを考えると「レジに並ばなくていい」という価値だけを考えるとやはり無人コンビニに熱狂したのは一種の「バブル」だったのかもしれません。

支持されるイノベーションは下記2つがユーザーに刺さる必要があるのだと思います。

  • 従来では不可能だったことができる
  • 手間・コストがかかっていたことを省略してくれる

玉石混交としたテクノロジーの領域ですが、おそらく論点は上記のようにシンプルです。

最後に、かく言う私はこういった新しい取り組みやテクノロジーの話に関し関心が高いのでこのようなチャレンジの「熱量」は成功・失敗に関係なくワクワクします。日系の企業ではこういったチャレンジは受け入れられない傾向があります。もし、読者の皆様が転職などをお考えの際、こういった熱量ある企業や業界を検討されてはいかがでしょうか。貴重な経験をすることができるかもしれません。

投稿者: Koseki Kano

東京都中野区在住。35歳。 化粧品メーカーに新卒で入社(10年間)。 営業企画・販売企画・健康食品事業立ち上げを経て、米系マーケテイング会社に 転職。アカウントマネージャー兼アナリストして主に消費財メーカーに対しマーケティング提案、年間120社(2年半)。 現在GAFAの1つに転職し、webマーケティング施策を企画。 セールス、データ分析、マーケティングの掛け算のキャリア 自身の経験を基に電話/メールによるキャリア相談、履歴書添削を通じ中長的にサポート。 休日は25年間続けているバスケットボール、そしてバスケ強化のため(今はこちらの方が主になっている気も・・)筋トレが趣味。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。