パワハラ防止法施行~「隠れパワハラ上司」に注意~

転職とビジネスに関する情報配信をしているBusiness研究所ですが、今回は一見パワハラには該当しない、しかし部下を追い込む上司について情報配信をします。危険な上司が使うフレーズを3つ紹介させていただきます。

  • 2020年6月施行「パワハラ防止法」とは
  • 「隠れパワハラ上司」とは
  • これを言っていたら注意!隠れパワハラ上司の使うフレーズ3選

興味がある方はぜひご一読ください。

パワハラ防止法

2020年6月、パワハラ防止法が施行されます。これまではパワハラというのは法律による明確な定義がありませんでしたが、パワハラに対する定義が明文化され、法律によって取り締まることとなりました。まだ企業へは努力義務ですが、パワハラで苦しんでいるビジネスマンの多さを想像すると、大きな一歩と言えるのではないかと思います。

さて、パワハラ防止法による、厚生労働省が定義した「職場のパワーハラスメント」は6種に大別されます。

分類名具体的内容
身体的な攻撃上司が部下に対して、殴打、足蹴りをする
精神的な攻撃上司が部下に対して、人格を否定するような発言をする
人間関係からの切り離し自身の意に沿わない社員に対して、仕事を外し、長期間にわたり、別室に隔離したり、自宅研修させたりする
過大な要求上司が部下に対して、長期間にわたる、肉体的苦痛を伴う過酷な環境下での勤務に直接関係のない作業を命ずる
過小な要求上司が管理職である部下を退職させるため、誰でも遂行可能な受付業務を行わせる
個の侵害思想・信条を理由とし、集団で同僚1人に対して、職場内外で継続的に監視したり、他の従業員に接触しないよう働きかけたり、私物の写真撮影をしたりする
引用 : 厚生労働省 雇用環境・均等局より抜粋

このようなことが当てはまるとパワハラ認定となります。

所感ですが、法律というだけあってやや手堅い印象を受けます。あまり踏み込んだ項目が入っておらず、そこはオーソドックスな内容が盛り込まれています。ただ、法律なので全ての人の悩みに応えられる万能な法律はありません。これで少しでもつらい環境に置かれている方が救われれば、と思います。

「隠れパワハラ上司」とは

さて、ここからが本題です。上記のようにパワハラ防止法は割と誰の目から見ても明らかに「黒」です。これを真正面からする上司は今後糾弾されていくことは見通せます。ただ、問題なのはパワハラ上司の言動は「グレーゾーン」が多分にある、ということです。表立ったパワハラはこれから法律によって明確に「黒」であるとわかった以上、言い方が悪いですが賢しい上司は今後「グレーゾーン」で部下を追い込んでいくでしょう。

隠れパワハラ上司の言動3選

筆者は、現在35歳で、現在3社を経験しています。同年代と比較すると比較的多くの会社を経験しているのでは、と思っています(念のためお伝えしますが、転職会社数が多いことを偉い、優れている、等と思ったことは一度もありません)。その中で日系企業、米系企業、GAFAと異なる文化の中で仕事をしてきました。今回はその中で共通する隠れパワハラ上司の危ない言動3選をお伝えします。これを多用する上司は非常に要注意です。

では発表です。

  1. 「言われたことは一回で覚えろ」
  2. 「(後輩・同僚と比較して)あいつの方が仕事できているぞ」
  3. 「俺に聞くな」

です。皆様の上司はこのようなフレーズを多用しないでしょうか。共通しているのは部下に対する不要なマウンティングです。部下はわからないから上司に相談をしています。能力で上司に劣っているとは限りません。経験不足などからくる、シンプルな「知識不足」の可能性もあります。それを教えてあげるのが上司に求められるマネジメントです。

上司も忙しいでしょうから部下も聞き方に気を付けなくてはなりません。ですが一方で遠巻きに部下を押さえつけて相談をしにくくする言動をして何がしたいのか、と思います。仕事を教えて部下が自立して業務に取り組んでもらえた方が上司はよほど楽なはずです。

パワハラ防止法が施行されれば、隠れパワハラが増えるでしょう

寄り添ってくれる上司を探しましょう

上記のようなフレーズを言われても、部下が自分の能力に責任を感じる必要はありません。むしろ仕事をできるようにすることが上司の役割です。パワハラ上司に出会ってしまったとしても自分の責任を過度に感じる必要はありません。

大手企業でも人手不足からプレイングマネージャーが増えているそうです。これから人手が突然増えることもないと思います。パワハラ防止法が施行されれば隠れパワハラ上司は増えることは予想されます。お伝えしたいのは、まず上司という立場を利用してマウントを取ってくる上司から距離を置きましょう。一足飛びに転職をお勧めするわけではありません、まずはチーム異動を願い出てみましょう。それくらいは負担小さくできると思いますし、ただ攻撃されることを避け防御する手段を講じましょう。隣の部署やチームまでも上司がパワハラ気質であればそれは会社に問題がある可能性が高いです。その時には思い切って転職をすることをおすすめします。部下の方がいらっしゃいましたら自分を追い込みすぎないでいただきたいと思います。

投稿者: Koseki Kano

東京都中野区在住。35歳。 化粧品メーカーに新卒で入社(10年間)。 営業企画・販売企画・健康食品事業立ち上げを経て、米系マーケテイング会社に 転職。アカウントマネージャー兼アナリストして主に消費財メーカーに対しマーケティング提案、年間120社(2年半)。 現在GAFAの1つに転職し、webマーケティング施策を企画。 セールス、データ分析、マーケティングの掛け算のキャリア 自身の経験を基に電話/メールによるキャリア相談、履歴書添削を通じ中長的にサポート。 休日は25年間続けているバスケットボール、そしてバスケ強化のため(今はこちらの方が主になっている気も・・)筋トレが趣味。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。