転職で志望動機を伝えるときの留意点~ポイントを押さえれば大丈夫です~

転職とビジネスに関する情報を配信をしているBusiness研究所ですが、今回は転職においての志望動機について情報配信をさせていただければと思います。

  • 転職活動において、志望動機をうまく作ることができない
  • 志望動機が言えない人の共通点
  • 採用担当者に納得してもらえる志望動機を作れるようになりたい

このあたりに関し、興味がある方はご一読ください。

転職で面接されていることは2つしかない

タイトルに「転職で」と入れましたが、新卒でも共通して言えるのは、「会社を志望する理由が適切か」と「会社に入って活躍してくれるのか」の2つしかありません。いろいろな転職に対するお手伝いをさせていただきますが、候補者の方とお話をしていると志望動機は意外なことにうまく言える人が少ないことに驚きます。なぜでしょうか。

志望動機が言えない人の共通点

候補者の方々とお話をしていると志望動機を言うことができない人にはいくつか共通点があります。大きく大別して2つあります。

会社の研究が足りない

基本的に転職を募っている企業はほぼ間違いなくどこかに強みがあります。強い取引先、技術力、特定の領域では強い、資金力がある・・・等など。採用を募集している企業は強みを活かしているからこそ会社が存続できるし、人を募集することができます。強みがなければ会社はつぶれるでしょう。志望動機が弱い人はそこに対する調査が足りません。

大方、IR情報、業界マップを見れば企業がどこの領域に強く、またどこに課題を持っているかがわかります。入りたい企業があるのでしたら必ず上記2つは☑してください。

一点、落とし穴なのは「企業の理念」というものがあります。これを志望動機の一丁目一番に挙げるのは危険です。企業理念に共感するだけでは志望動機としては少し弱いです。志望理由として候補がいくつかあり、最後の決め手として企業理念を選ぶくらいの方がいいでしょう。

自己分析が弱い

自己分析が弱いことも志望理由が言えない人の共通点です。「自分は〇〇で経験を積み、評価を受けてきた。御社は今後××に注力される(あるいは課題解決に取り組む)という情報を拝見しました。」という、自身の「Can」が根拠をつけて言えるレベルで話せません。

これまでご自身で経験されてきたことの棚卸しが企業のニーズとマッチしているからこその志望動機です。

必ずIR情報と業界マップを読んで企業研究を、さらに自己分析をしましょう

待遇や企業規模で志望する企業を決めていると志望動機は嘘くさくなる

最後に、待遇面や事業規模等で志望理由を選んでしまうことは要注意です。企業研究と自己分析の前に先に入りたい企業を選び、逆算するように志望動機を作ると話していてすぐに嘘っぽさが出ます。特に待遇面は大切ですが、活躍に対する対価なので先に待遇を選ぶことは避けましょう。加筆すると待遇面だけで入社を決めている人は大方短い期間で会社にフィットできず、またすぐに転職活動をしています。必ず先に企業研究と自己分析をし、それで条件に合った待遇や企業規模を検討してください。

もし、転職に対し、うまく志望動機が作成できない、客観的なアドバイスが欲しい、などのご要望がありましたら僭越ながら当方、キャリア支援の一環として相談に乗っております。「Special」よりエントリーください。

投稿者: Koseki Kano

東京都中野区在住。35歳。 化粧品メーカーに新卒で入社(10年間)。 営業企画・販売企画・健康食品事業立ち上げを経て、米系マーケテイング会社に 転職。アカウントマネージャー兼アナリストして主に消費財メーカーに対しマーケティング提案、年間120社(2年半)。 現在GAFAの1つに転職し、webマーケティング施策を企画。 セールス、データ分析、マーケティングの掛け算のキャリア 自身の経験を基に電話/メールによるキャリア相談、履歴書添削を通じ中長的にサポート。 休日は25年間続けているバスケットボール、そしてバスケ強化のため(今はこちらの方が主になっている気も・・)筋トレが趣味。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。